きっかけは地元のみんな

2020年 コロナウィルスの感染拡大に伴い
世界中が自宅等での自粛を余儀なくされました。
多くのスポーツはしばらくの間
活動することができず
個人での練習が必要になっていた状況でした。
私もその1人で、体育館が使えず個人練習をしている時ふと
みんなも同じ状況ではないか?』
そんな思いが湧いてきました

例えば 『自分のドリブルはこれでいいのだろうか?』
そう思った時に、すぐにコーチに相談できる。
練習に付き添ってくれる。
そんな不安を解消していくことが
これからの時代は必要だと身をもって感じました。

自作の botを作り
1人1人にアドバイスをしていくうちに

Quick Coach(クイックコーチ)が生まれました。

近年スポーツでは新たな学び方が浸透してきています。
それが、『動画でスキルを学ぶ』ことです。
YouTubeやSNSでスキルを学ぶことが増えてきたいま
一方通行ではない
より進化した動画の学び方をあなたから

Quick Coachでスタートしてみませんか?